イースタティックミネラル配合のミトコアで高年齢出産を克服

イースタティックミネラル配合のミトコアで高年齢出産を克服

 

妊娠や出産の適齢期はあるのでしょうか。国際産婦人科連合学会によるとこれらの適齢期は20〜25歳としているようです。その根拠は排卵、ホルモン分泌などが妊娠ということに最適で、母体や胎児への悪影響や不具合が起こる確率が低いと考えられるためです。

 

このことから考えると、このくらいの年齢に結婚し妊娠をするのが人体面から考えれば理想ということになります。そう言ってもすべての女性がこの時期に結婚、出産することは不可能です。これより若い年齢ならなんら問題はありません。しかし現状として結婚年齢は女性の社会進出にともない上がっていくばかりです。

 

一般に35歳を超えての出産を高齢出産と言います。カルテにもそのことを書かれます。これは高齢の妊娠や出産は妊娠中毒症や早産、流産、染色体異常の確率が上がり分娩時間の長時間化、胎児が仮死状態で生まれてくるというパターンも多いことがわかっているためです。

 

実際の医療現場では35歳くらいの妊娠や出産には深刻な問題はないようです。医学の進歩や医療機器のレベルの上昇がそれをカバーするためで、最近ではこの年齢を引き上げようとする動きもあるようです。

 

とはいえ現実的には卵巣などの生殖機能は加齢とともに確実に低下するため、排卵障害や未成熟卵の確率が上がります。生理周期は安定していても排卵をしていないという、無排卵周期症などは異常に気づきにくく、そのため治療が遅れがちになることも。このような症状に気づかず放置し、高齢化するとクロミッドやセキソビットなどの排卵誘発剤を使っても排卵が起こらないこともあります。

 

更に加齢すると妊娠に必要なホルモンの働きが弱まり、その結果大切な受精卵を着床させ妊娠を継続させる力が低下し、せっかく妊娠しても早期流産の可能性があがり出産にふさわしくない状態になってしまいます。

 

普通不妊治療は時間がかかります。これは不妊治療での妊娠の確率が22%程度であるためです。つまり4回に1回以下の確率でしか無いのです。毎月行っても4ヶ月以上かかる計算になります。ですので普通は数ヶ月から数年という時間をかけておこなうのです。こうしているうちにも妊娠に支障がない時期を逃してしまうかもしれません。

 

これらを考えると結婚後、普通にセックスをしていて2年たっても妊娠しない場合は早めに不妊治療をしたほうがいいでしょう。

 

年齢を重ねつにつれ卵子の質は下がり、精子は泳ぐ力が弱くなります。これは酸化によって起こります。酸素呼吸をしている生物にとってこの酸化は避けては通れない問題です。高齢になると妊娠しにくいのはそれだけ多くの呼吸をして体が酸化するためです。老化=酸化ということです。

 

このように質の下がった卵子や元気のない精子を若返らせ、妊娠しやすくするのがイースタティックミネラル配合のミトコアです。イースタティックミネラル配合のミトコアは卵子や精子のエネルギーを作り出すミトコンドリアに働きかけ、エネルギーを作る力を回復させることで卵子の質をあげ精子の遊泳力や奇形を解消してくれます。つまり若いころの卵子や精子に近づけ、妊娠しやすくしてくれるのです。高額な不妊治療を行う前に、またそれらの治療と合わせて飲むことで妊娠力を上げてくれるのです。

 

 

 

 

 

 

ミトコアの効果がよく分かる動画はこちらです。
イースタティックミネラル配合のミトコアを飲んだ効果がわかる動画

 

イースタティックミネラルの注文・購入方法や送料はどのくらいかかるのか、無料なのか、お試しがあるか、メリット・デメリットさらには長所や短所、危険な副作用はないのか、TVやラジオでのCM、ブログ、Twitter、公式サイト、@コスメや楽天・amazon、ドラッグストア店舗、などを調べてわかりやすく紹介していきます。無料お試しやサンプルやトライアルの評判、通販価格の比較、各種人気ランキング、毎月の定期購入などの情報も掲載予定です。配合成分、体験談、効果、効能について、実際にイースタティックミネラルを購入された方の、モニター、口コミ、レビューを参考にしています。最安値・格安価格などイースタティックミネラルについてのお得情報も調べています。イースタティックミネラル配合のミトコアは新しいタイプの不妊サプリ。卵子の質を上げ、精子を元気にして妊娠しやすくするサプリです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 

  • SEOブログパーツ