不妊治療の費用はいくら?

不妊治療の費用はいくら?

 

不妊治療の費用はいくら?

一般的に不妊治療の費用は高額になると言われています。さらに高度の治療を受ければ受けるほど、家計は圧迫されてしまいます。妊娠という喜びを得るまで頑張るためにも、これらの費用をしっかりと把握しておきたいものです。

 

不妊治療のといえば高額になると言われていますがなぜでしょうか。また、各医療機関によっても大きな差があるのも事実ですが、なぜでしょうか。調べてみました。

 

まず、高額になるという問題ですが、これは健康保険が大きく関わっているようです。出産は病気扱いでは無いために健康保険適応外になります。これと同様に妊娠するための医療も、健康保険適応外になるのです。

 

不妊を解消するために専門の医院やクリニックで、治療を積極的にすればするほど保険適用外の検査や治療を行うことになり、この繰り返しでどんどん治療費がかさんでしまうのです。この治療や検査の内、子宮内膜症や卵巣機能不全といった病名が付いている場合の検査や治療は一部保険適応のものもあります。

 

例を挙げると子宮筋腫や子宮内膜症を調べるための超音波による検査は保険の範囲に入りますが、タイミング法の指導に使う場合は保険適用外になり自己負担になります。しかも健康保険がきくのは3回までで4回目からの検査は自費になります。これは排卵誘発の場合も同じです。

 

このように同様の検査や治療を行っても、同じ費用にはならないのです。つまり健康保険がきくか自己負担になるかで、治療費に大きな差ができるのです。

 

では、なぜ医療機関によって治療費が異なるのでしょうか。それは治療や検査にかかる費用の金額を、各医療機関で独自に定めることができるからです。このため診察や治療を受ける医療機関によって、大きな差ができるのです。

 

中でも体外受精や顕微鏡を使うような高度不妊治療になると、その差は大きくなってきます。国立大学病院のようなところでは研究補助費として国から費用が支給されているため、その分だけ費用を安くできますので、体外受精の費用は1回20万円程度で行えるようです。

 

しかし、このような研究補助費をもらっていない私立の大学病院では倍の40万円、個人経営の病院では高いところでは80万円にもなるところもあるようです。現在の東京での平均金額は50〜60万円程度になっているようで、中には3回めからはいくらかの割引を実施しているところもあるようです。さらに顕微鏡になると、体外受精よりもさらに10万円程度費用が高くなるようです。

 

最先端の医療の金額が高額になるのはどの病気でも同じです。これは技術代や高額な手術器具も加算されるためです。

 

このように通う医療機関によって大きな差がある不妊治療の費用ですから、治療を受ける前に十分な説明を受け、納得してから治療を始めましょう。

 

 

各医療機関の不妊治療の費用の例

 

 

総合病院

タイミング法。治療費はほぼ保険適応。自費検査の費用は高め。

 

【検査】
血液検査         16,000円(1部自己負担)
ホルモン検査        13,000円(自己負担)
抗精子抗体検査     12,000円(自己負担)
卵管通気検査 3,000円 1回(健保)
ヒューナーテスト 1,300円 1回(健保)
月経血培養検査 1,600円(健保)
子宮卵管造影検査 4,700円(自己負担)

 

【治療】
クロミッド            560円 毎月(健保)
HCG 1,700円 毎月(健保)

 

 

国立病院

タイミング法。国立病院なので検査や治療費が安い。

 

【検査】
血液検査、初回問診料      5,500円(健保)
ヒューナーテスト、頸管粘液検査 1,500円(健保)
子宮卵管造影検査 2,000円(健保)
精液検査 180円(健保)

 

【治療】
クロミッド 520円(健保)
生理を発生させる薬  230円(健保)
HMG、HCG 330円(健保)

 

 

大学病院

人工授精に健保が適応される場合が増え自己負担も低め。

 

【検査】
血液検査 2,900円(健保)
卵管通気検査  320円(健保)
ヒューナーテスト 2,200円(健保)
尿中LH検査 250円(健保)
超音波検査 1,800円(健保)
精液検査 230円(健保)
抗精子抗体検査  8,400円(自己負担)
腹腔鏡検査 52,000円(自己負担)

 

【治療】
人工授精 夫 3,500円1回(自己負担)
人工授精 妻 8,200円1回(自己負担)

 

 

不妊専門クリニック

体外受精は健保適応外。顕微授精ではさらに12万円アップ。

 

【検査】
血液検査 11,000円(自己負担)
子宮卵管造影検査 4,500円(健保)
ホルモン検査   15,000円(自己負担)

 

【治療】
HMG 9,000円(自己負担)
体外受精                 470,000円(自己負担)
体外受精のための点鼻薬 19,000円1回(自己負担)
体外受精(凍結受精卵の胚移植)   220,000円(自己負担)    

 

 

このように同じ不妊のための検査や治療をしても、値段も色々ですので不妊治療を受ける場合は十分な検討や、納得のいく説明を受けましょう。

 

いずれの場合でも少しでも妊娠の確率をあげるために、卵子の質や精子の遊泳力を上げる努力をしましょう。イースタティックミネラル配合のミトコアならそのような卵子や精子のミトコンドリアに働きかけ、アンチエイジングし元気にします。

 

イースタティックミネラル配合のミトコアは1日3粒程度を飲むだけで、簡単に卵子の質をあげ、精子を活発にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ミトコアの効果がよく分かる動画はこちらです。
イースタティックミネラル配合のミトコアを飲んだ効果がわかる動画

 

イースタティックミネラルの注文・購入方法や送料はどのくらいかかるのか、無料なのか、お試しがあるか、メリット・デメリットさらには長所や短所、危険な副作用はないのか、TVやラジオでのCM、ブログ、Twitter、公式サイト、@コスメや楽天・amazon、ドラッグストア店舗、などを調べてわかりやすく紹介していきます。無料お試しやサンプルやトライアルの評判、通販価格の比較、各種人気ランキング、毎月の定期購入などの情報も掲載予定です。配合成分、体験談、効果、効能について、実際にイースタティックミネラルを購入された方の、モニター、口コミ、レビューを参考にしています。最安値・格安価格などイースタティックミネラルについてのお得情報も調べています。イースタティックミネラル配合のミトコアは新しいタイプの不妊サプリ。卵子の質を上げ、精子を元気にして妊娠しやすくするサプリです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 

  • SEOブログパーツ